AGA治療専門病院の実力検証サイト

男性型脱毛症(AGA)を改善するための病院選び

薄毛は遺伝するのか?

「薄毛は遺伝する」――聞く人によっては恐ろしいこの噂。

頭部が寂しい父親を哀れみ、「いつかは自分も…」と、加齢に不安を感じている方には、非常に真偽が気になるところです。この都市伝説は本当なのでしょうか。

はげは遺伝する?

 ◆はげ遺伝説◆

そもそも、はげの原因は「ジヒドロテストステロン」という聞きなれない男性ホルモンと大きな繋がりがあります。しかし、このホルモンはいきなり分泌されるわけではありません。「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが「5α‐リダクターゼ」という酵素と結びつくことで作られるのです。この酵素が生成される量は人によって異なり、量が多いと「ジヒドロテストステロン」が生まれやすくなるとのこと。結果として、男性ホルモンの量そのものが受け継がれるわけではなく、酵素量を多く作る体質が遺伝するという理論だそうです。
これが正しければ、父がはげている場合、体質が遺伝する確率は67%といわれています。ただし、あくまで男性ホルモンの働きや分泌量などの体質が似るため、「遺伝=確実にハゲる」というわけではありません。
結局のところ、「はげホルモンを作り出す酵素」が全ての元凶。逆に言うと、この酵素を減らすことができれば、薄毛を克服できる可能性もある、ということです。「はげ遺伝説」が証明されれば、誰かが薄毛へのカウントダウンに絶望すると同時に、世界が希望に満ちる、そんな説だと言えるでしょう。

 ◆はげ遺伝しない説◆

上記の説で「ホルモンに対して敏感かどうか」という要素について触れましたが、この要素が、“はげは遺伝しない”という説の根幹ともなっています。
この要素は「伴性遺伝」という形で遺伝するため、母からしか受け継がれません。なので、父がはげていて、その体質が遺伝したとしても、男性ホルモンに強い体質を母から受け継いでいた場合、「はげない」という結果になります。そういう意味では、「はげは遺伝しない」とも言えるのです。

はげと遺伝の関係は…

遺伝する説、しない説、どちらも非常に説得力がありますが、どちらにしても遺伝が関係しています。つまり、「はげは遺伝する」「はげは遺伝しない」というより、“はげは遺伝に左右される”ということです。

以上から分かることは、「どちらが正しくても、薄毛対策をしておく」ことが大切だということ。だからといって100%はげないわけではないですが、はげ防止の薬が開発されるまで、それでしのぐしかないようです。

#