AGA治療専門病院の実力検証サイト

男性型脱毛症(AGA)を改善するための病院選び

帽子をかぶるとハゲる?

「帽子をかぶるとはげる」――この恐ろしい噂、誰でも一度は耳にしたことがあると思います。
実際に信じて帽子をかぶる時は気にしている、という方も多いのでは。また、はげてしまった部分を隠すために帽子をかぶっている、という方には非常に気になるところでもあります。果たしてこの都市伝説は本当なのでしょうか。

帽子をかぶるとはげる?

 ◆蒸れ説◆

頭皮や髪を守るためにも、日差しが強い夏場に帽子は欠かせないアイテム。しかし長時間帽子をかぶると、風が通らない分、汗をかきやすくなり、「蒸れ」の原因に。この状態で皮脂が分泌されると、雑菌が一気に増えてしまいます。
育毛・発毛に最適な頭皮は、皮脂が適度に保たれ、汗や汚れがキレイに取り除かれていることが必須条件。「帽子をかぶる=ハゲる」ではなく、「帽子を長時間かぶる=頭皮環境のバランスが崩れる」と言った方が良いかもしれません。

 ◆血行不良説◆

頭皮には繊細な毛細血管が密集しています。自分の好きなデザイン・長年愛着のある帽子だからといって、サイズの小さい帽子をかぶると、血行が悪くなり、頭皮の細胞に栄養が行き渡らない…なんてことも。
ただし、無理をしてまで自分の頭を締め付ける帽子を好んでかぶる人はいないと思います。そのため、「帽子をかぶる=血行不良」との関係は考えにくいです。

 ◆摩擦説◆

帽子をかぶる・外すことで頭皮がこすれ、摩擦が生じ、抜け毛に繋がるという物理的な要因だという説も。ですが、こちらも常識的な帽子のかぶり方をしていれば問題はなさそうです。

有力なのは『蒸れ説』ですが…

これまで紹介した考察から、“帽子をかぶるのが薄毛の原因となる可能性は低い”といえるでしょう。

「蒸れ」は頭皮環境を悪くする要因の1つではありますが、念入りにシャンプーをして清潔な状態を維持すれば特に問題はありません。頭皮の血行をスムーズにするためにも、帽子を外した後は頭皮マッサージを行うと、頭がスッキリしますよ。

日差しが強い夏は、頭皮に影響を与える紫外線が大敵です。一方冬の寒い日は血管が縮こまり、血流の働きが滞ってしまいます。帽子をかぶることで、これらの問題を解決できるので、帽子はむしろ薄毛予防に効果がある、といえるでしょう。

#