AGA治療専門病院の実力検証サイト

男性型脱毛症(AGA)を改善するための病院選び

フィナステリド錠(プロペシア・ファイザー)

このページでは、成人男性専用のフィナステリド錠(プロペシア・ファイザー)の効果や副作用の有無、使用した人の口コミなどについて調べてみました。

プロペシアとはどのような薬なのか

AGA治療薬として知られるプロペシアはアメリカのメルク社が販売する製品名で、有効成分がフィナステリドとなります。プロペシアには後発のジェネリック医薬品として販売されているものもあり、ファイザーやサワイ、トーワなどの商品はフィナステリド錠となっていますが、基本的には同種の薬と考えていいでしょう。

フィナステリドは抗アンドロゲン薬でありアメリカでは前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬として生まれたものですが、AGAにも効果があることがわかり近年ではAGA治療薬として世界的に認知されるに至りました。

フィナステリドがAGA治療に効果的である仕組みは、男性ホルモンテストステロンがAGAの原因ともいわれる「ジヒドロテストステロン」になるのを阻害する働きがあるため。使用を続けることでAGA抑止となり成人男性のみに処方される薬なので、使用にあたっては専門クリニックで診断を受けた上で処方してもらう必要があります。

◆プロペシアにはどのような効果が期待できるのか◆

期待できる発毛効果

健康な髪は成長期→退行期→休止期といった毛周期が正しいサイクルで回るのですが、AGAの場合は成長期が短縮され休止期の状態が続きます。この原因となるのが「ジヒドロテストステロン」で、プロペシアによって抑制することにより成長期を回復させることが可能です。

普通は3年以上継続するといわれる髪の成長期がAGAの症状によっては半年ほどになってしまうがあります。髪は細く弱くなって抜け毛を増やす結果になるところ、プロペシアを使えば太く健康な髪を取り戻すこともできるのです。

◆プロペシアには副作用があるのか◆

プロペシアの副作用として知られているものには性欲減退・ED(勃起機能障害)・肝機能障害・うつ・精子減少などがあります。男性ホルモンに関連する抑制作用があるため男性機能にマイナスとなるのは当然かもしれませんが、多くの男性にとって非常に深刻な問題となるので使用に際しては専門クリニックで十分に相談した上で判断してください。

他にも頭痛・腹痛・下痢・眠気・胃の不快感・頻尿など、消化器系に関連する副作用も知られています。プロペシアは使用を止めると効果がなくなるのでご注意ください。

◆実際にプロペシアを使用した方の声◆
  • プロペシアを継続して飲むようになってから脱毛が減り、髪にハリやコシも出てきたようです。以前ミノキシジルを使ったこともあるのですが、私には合わなかったようでかゆみが我慢できなかったので、プロペシアに変えて良かったです。
  • フサフサの人にはわからないかもしれませんが、薄毛の人間にはしっかり手応えが感じられます。2~3ヶ月ですごく髪が増えるのは難しいと思いますが、今後も少しずつ回復できればと期待しています。
  • 半年ほどプロペシアを飲み続け、頭頂部の薄毛だった箇所が多少濃くなってきています。以前に比べて抜け毛も減りました。今後効果が停滞したらミノキシジルとの併用も検討しようと思っています。
#