もう若ハゲなんて呼ばせないAGA治療専門病院の実力検証サイト

男性型脱毛症(AGA)を改善するための病院選び

AGA治療専門病院の実力検証サイト

東京都内には数多くの
AGAを治療する専門の病院
があります。
このサイトでは5つの病院の
評判を集め、その実力を
比較しました!

AGA治療の実力検証サイト » 毛根に効くのはどれだ!?クリニックのAGA治療方法の実力を調査

毛根に効くのはどれだ!?クリニックのAGA治療方法の実力を調査

このカテゴリーでは、主なAGA治療方法をピックアップして、治療内容や費用、発毛満足度などについて紹介しています。また、中でも高い発毛効果が期待できる3つについては以下の比較もご覧ください。

ヘアジニアスというAGA治療方法の実力

発毛専門クリニックとして定評のある表参道クリニックが独自開発したAGA治療方法。一般的なAGA治療と大きく異なるのは、脱毛の進行を抑制することがメインではなく、発毛することを目的としている点にあります。

治療内容

ヘアジニアスの魅力は「早期発毛」にアリ。これまで治療を受けた患者のほとんどが「4カ月以内にうぶ毛が生えた」と答えています。

短期間で発毛する理由は、最も効果的な治療を提供してくれるから。治療前には、毛髪と頭皮の状態を調べ、血液検査も行います。

毛髪・頭皮・身体の状態をしっかりと確認した後は、育毛メソセラピー治療とオーダーメイド治療薬の処方を同時進行。治療薬の配合内容は、AGAの進行を抑制するミノキシジル、頭皮環境を整えるアミノ酸やビタミン、ミネラルなどです。血液検査や診療結果を見ながら1人ひとりに合わせてバランスよく配合されます。

育毛メソセラピーは単体でも受けられる治療法ですが、オーダーメイド治療薬とセットのヘアジニアスを受けることで相乗効果が!髪の毛を育てる細胞がイキイキと活動するようになるのです。

ヘアジニアス治療の年間患者数は12,000人ほど。治療を受けた人の口コミによると、20代~50代手前の男性が発毛したと感じているようです。年代に関わらず早期発毛を実現している理由は、「オーダーメイドの治療」だからこそ。一般的な治療法より高い効果が期待できるわけです。

治療を受け続けた多くの男性が、治療開始から1年以内にフサフサヘアをゲットしています。

かかる費用

カウンセリング 無料
血液検査 10,800円~
フィナステリド(プロペシア)錠1mg/1箱28錠 3,980円~
オーダーメイド処方1ヵ月分 27,000円~
医療発毛頭皮ケア1回 64,800円

発毛満足度

ヘアジニアスの治療体験者の結果を見ると、最初の1カ月程度で毛髪にコシが生まれるケースも珍しくありません。3~4カ月では78%が効果を実感し、4~6カ月になると99%が効果を実感するほど高い結果が出ています。

メソセラピーというAGA治療方法の実力

メソセラピー自体は1950年代からある治療方法で脂肪溶解注射を意味し、美容系クリニックなどでは珍しいものではありません。その中でも毛髪再生メソセラピーは発毛・育毛を目的として医療薬などを体内に注入し、毛乳頭や毛包を活性化して毛根を成長させるものです。

治療内容

メソセラピーは、筋肉や骨格になる前の細胞「中胚葉」に薬を注入する治療です。その魅力は、メスを使わずに細胞の働きを活性化させられること。フランスのピスト―ル医師によって開発された治療法で、現在はヨーロッパ中心に世界19カ国で用いられています。

薄毛治療の他に、アンチエイジング・痩身治療法としても有名。薄毛治療に用いられるメソセラピーは「育毛メソセラピー」と呼ばれています。育毛メソセラピーには、発毛・育毛成分をブレンドした薬液を使用。注入方法は注射器以外にも、細かな針がついたダーマローラーという専用機器や超音波を使って浸透させる方法があります。

クリニックによってはボトックス注射や再生脂肪注入をセットで行っているところも存在。ボトックス注射は頭皮の緊張緩和、再生脂肪注入は血流の改善を目的としたものです。

メソセラピー治療を受けた人の口コミによると、どの注入方法も痛みは少ないとのこと。どちらかというと、治療中の痛みよりも治療後に筋肉痛のような感覚があるケースが多いようです。

また、注入する薬剤の質によっては治療後に腫れてしまうケースもあるため、症例の多いクリニックを選ぶと良いでしょう。

かかる費用

施術費用はクリニックによってかなり幅があり、調べたところでは1万円弱もあれば10万円を超えるところもあります。

発毛満足度

発毛実感はクリニック及び個人差があり、中には6~12カ月で1万件以上の発毛実感を達成したクリニックもあります。一般的なAGA治療だと2~6年かかるといわれているのに比べれば、短期での発毛・育毛も期待できそうです。

HARG療法というAGA治療方法の実力

「Hair Re-generative Therapy」の略で、日本語では毛髪再生療法と訳されます。再生医療は最先端技術として医学界でも大変注目されており、毛髪再生でも万能細胞と呼ばれる幹細胞から複数の成長因子を抽出して、頭皮に直接注入するのがHARG療法です。

治療内容

HARG療法は、薄毛に大きく関わる「毛周期サイクル」を正常に戻す治療法です。毛母細胞の働きを高めて発毛させるのが特徴。頭皮に注入するのは、育毛メソセラピーで使用されるメソカクテルと成長因子を組み合わせた「HARGカクテル」です。

成長因子は、髪を作る毛母細胞を増やす「KGF」や成長期をキープする「PDGF」、頭皮環境活性化に欠かせない「VEGF」など、脂肪幹細胞から培養されたもの。治療前に患者の状態をきちんと調べたうえでバランスよく配合されます。カクテルの注入方法には、注射器の他、炭酸ガス噴射の圧力を利用する方法もあります。

HARG療法で重点的にアプローチするのは、成長時・退行期・休止期のうち「休止期」です。本来のスパンよりも休止期が長い毛母細胞に成長因子を注入して、毛母細胞を分裂させます。休んでいた細胞を意図的に増やすことで、毛母細胞の働きは活発になり、休止期から発毛期へと変化。

治療後は、成長期2~6年、退行期2~3週間、休止期2~3カ月と各時期が正常なスパンに戻る仕組み。薄毛の原因を根本から解決するHARG療法は、多くの薄毛治療専門クリニックで採用されています。

かかる費用

クリニックによる違いがあり、1回あたりのHARG療法施術費用は8万~15万円程度といったところ。アフターまで含めて費用総額は100万円を超えることも少なくありません。

発毛満足度

施術頻度は3~4週間ごとが目安。あるクリニックの発毛実感調査によると4回目で94.4%が満足しているという結果もありました。その場合の効果確認までの期間は3~4カ月程度となっています。

その他のAGA治療法

現在特に注目されているAGA治療は「ヘアジニアス」「育毛メソセラピー」「HARG療法」の3つですが、これらの他にもさまざまな薄毛治療や予防策が存在します。各治療の違いと費用、発毛効果をまとめたので、薄毛治療を検討中の方は自分に合った治療法を見つけてください。

低出力レーザー治療

低出力のレーザー照射により、頭皮の細胞を活性化させる治療法です。細胞を刺激するだけなので「本格的な薄毛治療にはまだ抵抗がある…」という人向け。費用は約5万円とほかの治療に比べて安めです。低周波レーザーはHARGカクテルの成長因子と同じく、休止期の毛母細胞を成長期へと変化させます。

発毛効果が表れるまでの平均期間は半年から1年ほど。メスや針を使わない治療法で痛みがないのがうれしいポイントですが、早期発毛の可能性は低いです。処方箋治療や育毛メソセラピーのサブ治療として受けると発毛率を上げられます。低出力レーザー治療を受けながら、育毛ブラシを使ったセルフケアを続ける方法もおすすめです。

>>「低出力レーザー治療」ページを読む

発毛・育毛点滴

髪に必要な栄養素を点滴する治療法。発毛効果のある成分を直接与える治療ではありませんが、頭皮環境は改善します。薄毛の原因が「頭皮の代謝の滞り」にある人は、発毛効果も期待できるでしょう。「まだ薄毛と言われるほどではないが、心なしか髪のボリュームが減った気がする…」という人に適した治療です。

平均費用は5,000~8,000円とお試し感覚で受けられる価格帯なのが魅力。ただし、点滴に配合されている栄養素はクリニックによって異なるため、配合内容に見合った価格なのか前もってチェックしておくのがベストです。

>>「発毛・育毛点滴」ページを読む

ガス治療

ガス治療の魅力は「副作用がないこと」。EDの副作用が考えられる治療薬と併用する必要がないため、薄毛治療が不安だった男性でも安心して治療に取り組めます。

ガス治療のメカニズムは、頭皮血管へのガス注入による血行促進。ガス注入に使用するのは毛細血管に挿せる細さの針なので、痛みはほとんどありません。ちなみに、ガス治療の平均費用は1万5,000~2万円ほど。加えて、発毛効果を上げるためには栄養注射を一緒に受ける必要があるため、平均費用よりも少し高めにトータル費用を見積もっておくと良いでしょう。

発毛効果が表れるまでの期間には個人差があります。毛細血管の働きを高める治療なので、薄毛の原因が頭皮血行ではない人には発毛効果が表れにくいようです。

>>「ガス治療」ページを読む

育毛剤・育毛シャンプー

たいていの場合、育毛剤は医薬品、育毛シャンプーは有効成分を含むものです。薄毛が進行している人の場合、基本的に育毛シャンプーだけでは対処できません。抜け毛が増える前の薄毛予防品、または薄毛治療中のホームケア用品など、サブ的な役割として使いましょう。

育毛剤の場合、ミノキシジル5%配合の商品には治療効果が認められていますが、副作用が存在します。副作用の内容は皮膚炎症、フケなど。副作用が気になる方は、パッケージをしっかりチェックしてください。記載されていない場合は、販売店のスタッフかメーカーに問い合わせましょう。

病院に行かずとも手に入るのが育毛剤・育毛シャンプーのメリットです。手軽に使い始められますが、専門クリニック・病院の治療と比べると発毛効果が低めであることは覚えておきましょう。

>>「育毛剤・育毛シャンプー」ページを読む

発毛マッサージ

発毛マッサージは、その名の通りマッサージで発毛を促進する薄毛治療法です。凝り固まった頭皮を揉みほぐすことで、血行を促進します。

発毛マッサージを受けたい人は、発毛・育毛サロンへ足を運ぶか、発毛マッサージを取り入れている薄毛治療病院を探しましょう。費用目安は30万~60万円ほど。少し高めですが、発毛マッサージは基本的に数カ月単位のコースになっており、発毛マッサージ以外のオプションがついているケースも珍しくありません。薄毛はもちろん、薄毛以外の悩み(フケ・痒み・髪のパサつきなど)もまとめて解決したい人にぴったりの治療法ですよ。

「頭皮環境が整う=髪が生えやすい」なので、ほかの発毛治療と併用するのもおすすめ。「費用がかさむのはちょっと…」という人は、セルフマッサージから始めてみるのも良いでしょう。

>>「発毛マッサージ」ページを読む

ミノキシジル

ミノキシジルは、薄毛治療薬の中でも有名なアイテム。医薬品として認められている育毛剤にも含まれている成分です。高濃度のミノキシジルは市販されていません。薄毛治療専門の病院・クリニックで処方されます。

ミノキシジルの効果が期待できるのは、M字ハゲと呼ばれる抜け毛のパターンと全体的におでこが広い人。臨床データによると、6カ月で薄毛の状態が改善した人が90%以上を占めています。

ただし、ミノキシジルには注意しておきたい「副作用」が存在。個人差がありますが、頭皮のかぶれや痒み、頭痛や動悸、むくみなどが引き起こる恐れがあります。アレルギー持ちの人や血管に関わる疾患を持っている人、65歳以上の高齢者は特に副作用が特に起こりやすいので要注意です。不安な人は、薬剤師や医師に相談してから使用しましょう。

>>「ミノキシジル」ページを読む

フィナステリド錠(プロペシア・ファイザー)

名称が異なりますが、すべてAGA治療薬で有名な「プロペシア」のことを指します。フィナステリド錠・ファイザーという呼び名は、プロペシアのジェネリック医薬品名。プロペシアの費用目安は6,000円前後、ジェネリック医薬品は5,000円前後です。

プロペシアはAGA治療薬ではなく前立腺がんの治療薬として使われていましたが、AGAを引き起こす男性ホルモンにアプローチできると判明。髪の毛が細く抜けやすくなったAGA患者でも、コシのあるたくましい髪の毛を取り戻せる可能性があります。

ただし、プロペシアは男性ホルモンに作用する薬なので、EDや性欲減退、精子減少などの副作用も存在。ご自身の副作用率を知るには、専門医師へ相談する必要があります。男性にとって恐ろしい副作用なので、後悔のないよう検討してから治療を受けましょう。

>>「フィナステリド錠(プロペシア・ファイザー)」ページを読む

ザガーロ

ザガーロは、プロペシアによく似たメカニズムのAGA治療薬です。男性ホルモンにアプローチし、AGAの薄毛・抜け毛に効果を発揮します。AGA治療薬として扱われるようになった経緯も、ほとんどプロペシアと同じ。元々は前立腺肥大症の治療薬でしたが、2015年より日本でAGA治療薬として扱われるようになりました。

費用目安はプロペシアより少し高めの9,500円。AGAへの効果もプロペシアより高いと言われています。ただし、まだAGA治療薬の認定を受けて日が浅い薬なので、プロペシアよりも本当に効果が高いかどうか断言はできません。副作用は、ED・性欲減退・射精生涯など、プロペシア同様に男性ホルモンが関わる内容です

>>「ザガーロ」ページを読む

番外:女性のための成分(パントガール・パントスチン)

パントガールは、薄毛に悩む女性のために作られた初めての内服薬です。女性特有のびまん性脱毛症、分別後脱毛などに効果的。頭皮に注入する外用薬や育毛剤と違い、臭いを気にしなくていいのがうれしいポイントです。パントガールの制作メーカーが行った臨床試験では、3カ月で70%の人の抜け毛が減ったというデータが。

パントスチンは、パントガール同様にびまん性脱毛症、分別後脱毛などに効果的な治療薬。違いは「外用薬」という点です。パントスチンには毛周期サイクルを改善する働きがあるので、コシとハリのある若々しい髪を取り戻せる可能性大。

どちらの治療薬も大きな副作用はありません。妊婦、または未成年以外なら使用しても問題ないでしょう。因みに、パントスチンの費用目安は1本1万2,000円、パントガールの費用目安は90錠で1万6,000円です。

>>「番外:女性のための成分(パントガール・パントスチン)」ページを読む

育三(34歳/サラリーマン)

20代から気になりはじめた薄毛。雨に濡れた自分の頭皮に愕然した、32歳の夏。薄毛の大半がAGAという症状が原因と知り、治療法を必死に調べ、見事復活を遂げた僕の手記を皆様にお届けします。

サイトマップ

 

PAGE TOP