もう若ハゲなんて呼ばせないAGA治療専門病院の実力検証サイト

男性型脱毛症(AGA)を改善するための病院選び

AGA治療専門病院の実力検証サイト

東京都内には数多くの
AGAを治療する専門の病院
があります。
このサイトでは5つの病院の
評判を集め、その実力を
比較しました!

治療はいつから行えばいいのか

そもそもAGAの治療っていつから始めれば、より効果が期待できるのでしょうか?そんな疑問に答えるべく、髪が再生する周期…ヘアサイクルまで及んで調べてみました。

早期治療がAGA克服のカギってホント?

AGA対策やAGA治療は早めにした方が良いといわれていますが、なぜなのでしょうか?
その理由は髪の成長サイクルについて知ると明らかになりました。

髪の毛は一定のサイクルで成長退行休止を繰り返します。この一連の流れを毛周期(ヘアサイクル)と呼びますが、この毛周期にはリミットがあることをご存知でしょうか。
人の細胞は約40~50回ほど細胞分裂すると役目を終えると言われているので、私達の髪の毛を作る毛母細胞も、他と同様に寿命をむかえてしまいます。
ヘアサイクル1周にかかる期間が約2~6年と言われているので、例えば1周40回の細胞分裂が2年で行われている場合、細胞分裂の寿命は80年という計算になります。

ところがAGAの場合はこのヘアサイクルが正常に保てなくなり、ヘアサイクル期間が短くなってしまいます。
AGAの治療とは毛母細胞の細胞分裂が可能なうちに治療を行うことで、ヘアサイクル期間を延ばしてあげること。

しかし、治療によりヘアサイクル期間が長くなったとしても、毛母細胞の分裂回数が残りわずかだとあまり意味がありません
例えば毛母細胞の分裂があと1回で終わってしまう状態で正常なヘアサイクルに戻ったとしても、髪の毛を生成するのが2~6年で最後の周期となり、毛母細胞自体が寿命をむかえてしまうのです。

毛母細胞の細胞分裂の回数には限界があるので、できるだけ若いうちにAGA対策を行ってヘアサイクル期間を正常化させ、毛母細胞の働きを継続させることが肝心です。

「抜け毛の量が多い」「髪が伸びるのが遅い」など、何か少しでも変化を感じたらクリニックで相談してみましょう。早期発見・早期治療がAGA改善のカギですよ。

育三(34歳/サラリーマン)

20代から気になりはじめた薄毛。雨に濡れた自分の頭皮に愕然した、32歳の夏。薄毛の大半がAGAという症状が原因と知り、治療法を必死に調べ、見事復活を遂げた僕の手記を皆様にお届けします。

サイトマップ