AGA治療専門病院の実力検証サイト

男性型脱毛症(AGA)を改善するための病院選び

AGA治療の実力検証サイト » AGA治療に関するQ&A » どのくらい続けるべきか

どのくらい続けるべきか

このページでは、AGAの治療期間について調べています。

AGAはどのくらいの期間治療するべきなのか

AGA改善には早めのケアが有効とされており、近年は、クリニックで処方される薬の服用や塗布治療が一般的になってきました。

悩む男さてこのAGA治療、「1回始めたら、どれぐらい続けるべきなのだろう…?」と考える人が多いのではないかと思います。

どのような毛髪状態をゴールと捉えるかによって、その期間も異なってくると思いますが、AGA治療に健康保険は適応されません。長期間に及ぶことで個人の費用負担も大きくなっていきますので、大体の目安を把握しておきたい、と考えるのは人情だと思います。

結論から言ってしまうと、現状の医療技術で、AGAは完治しません。毛髪状態を良好に保つ、あるいは現状維持していくために、治療を継続しなくてはならないのです。

薬剤の効果実感は個人によって異なるため、数ヶ月で改善を自覚できる人もいれば、1年間継続しても目立った改善は見られない場合もあります。

新しいAGA治療法として注目されるHARG療法を行うクリニックでさえ「効果が現れるまでに半年程度の継続は必須。1~2年で効果は頭打ちになり、使用を中止するとAGAは再び進行する」と明言しています。

上記のような現状を踏まえ、薬剤によるAGA治療を行う場合は、以下のような心構えを持っておくと良いかもしれません。

★一度治療を始めたら、最低でも半年は継続する
★数年間治療を行い、効果が見られない或いは効果が停滞していると感じた時点で、継続を再検討する
★薬剤だけに頼らず、AGAを招く生活習慣を改善していく

ここでいま一度考えて欲しいのは「薄毛は健康や生命に関わる症状ではない」ということ。「薄毛だと格好悪い」「モテなくなる」など、審美的な理由で治療に臨む方がほとんどなのではないかと思います。

男性は年齢を重ねるごとに多かれ少なかれ、薄毛の状態になっていきます。特に50代も半ばを過ぎれば、周囲の人も当たり前の事象として、あなたの薄毛を受け止めるようになるはず。エイジングを個人の魅力へと上手に転化し、「枯れ専」女性のハートを掴んでしまう男性だって、数多くいるのです。

必要以上に薄毛を悲観せず、前向きに捉える心を養うことも大切。そのうえで前向きなAGA治療を行ってくださいね。

#