AGA治療専門病院の実力検証サイト AGA治療専門病院の実力検証サイト

東京都内には数多くの
AGAを治療する専門の病院
があります。
このサイトでは5つの病院の
評判を集め、その実力を
比較しました!

効果的なオリジナル治療を行う
AGA治療のおすすめクリニック3選
01 表参道スキンクリニック
発毛実感率99%
ヘアジニアス30,000
公式サイト
を見る
02 湘南美容外科クリニック
発毛実感率99%
毛髪再生スマートメソ98,000
公式サイト
を見る
03 Harg治療センター
発毛実感率94.4%
HARG療法185,000
公式サイト
を見る

どのくらい続けるべきか

このページでは、AGAの治療期間について調べています。

AGAはどのくらいの期間治療するべきなのか

AGA改善には早めのケアが有効とされており、近年は、クリニックで処方される薬の服用や塗布治療が一般的になってきました。

悩む男さてこのAGA治療、「1回始めたら、どれぐらい続けるべきなのだろう…?」と考える人が多いのではないかと思います。

どのような毛髪状態をゴールと捉えるかによって、その期間も異なってくると思いますが、AGA治療に健康保険は適応されません。長期間に及ぶことで個人の費用負担も大きくなっていきますので、大体の目安を把握しておきたい、と考えるのは人情だと思います。

結論から言ってしまうと、現状の医療技術で、AGAは完治しません。毛髪状態を良好に保つ、あるいは現状維持していくために、治療を継続しなくてはならないのです。

薬剤の効果実感は個人によって異なるため、数ヶ月で改善を自覚できる人もいれば、1年間継続しても目立った改善は見られない場合もあります。

新しいAGA治療法として注目されるHARG療法を行うクリニックでさえ「効果が現れるまでに半年程度の継続は必須。1~2年で効果は頭打ちになり、使用を中止するとAGAは再び進行する」と明言しています。

上記のような現状を踏まえ、薬剤によるAGA治療を行う場合は、以下のような心構えを持っておくと良いかもしれません。

★一度治療を始めたら、最低でも半年は継続する
★数年間治療を行い、効果が見られないあるいは効果が停滞していると感じた時点で、継続を再検討する
★薬剤だけに頼らず、AGAを招く生活習慣を改善していく

ここでいま一度考えて欲しいのは「薄毛は健康や生命に関わる症状ではない」ということ。「薄毛だと格好悪い」「モテなくなる」など、審美的な理由で治療に臨む方がほとんどなのではないかと思います。

男性は年齢を重ねるごとに多かれ少なかれ、薄毛の状態になっていきます。特に50代も半ばを過ぎれば、周囲の人も当たり前の事象として、あなたの薄毛を受け止めるようになるはず。エイジングを個人の魅力へと上手に転化し、「枯れ専」女性のハートを掴んでしまう男性だって、数多くいるのです。

必要以上に薄毛を悲観せず、前向きに捉える心を養うことも大切。そのうえで前向きなAGA治療を行ってくださいね。

AGA治療に時間がかかる理由

髪の毛には、毛周期(ヘアサイクル)があります。人の毛の本数は生まれた時から決まっていて、成長期、退行期、休止期の繰り返しです。成長期とは毛包と呼ばれる毛根の細胞が成長し、髪の毛が伸びる期間のことを指します。

毛周期のサイクル

期間は2~6年ほどで、サイクルの90%がこの成長期です。退行期は約2週間の毛包が縮む期間のことで、毛は成長しません。休止期になると3~4ヶ月ほどかけて、徐々に毛が抜けていきます。
正常であれば2~6年で一周し、人生で4、50回ほど繰り返します。しかし、AGAを発症すると、成長期が数ヶ月から約1年に。毛が十分に育たないまま退行期になった後、抜けてしまいます。

AGAの治療は毛周期の短縮を防ぐこと

AGA治療は基本的に毛周期の短縮を食い止め、抜け毛を防ぐという治療です。毛周期が終わってしまった場合、どのような治療をしても発毛を促すことはできません。そのため早めの対策が必要であるといえます。

AGA治療は、薬によって男性ホルモンを抑制します。変化を実感するには個人差がありますが、早ければ半年程度で違いを感じるようです。薬との相性によっては2年経過しても変わらないという人も。その他、病気の治療でも同じように個人差があるのは確かです。

治療の効果が見られない時は

いくら治療をしても変化がない場合は、生活習慣の影響があると考えられます。睡眠不足、食生活の乱れなど身体が不健康な生活を送っていては、せっかくのAGA治療も意味をなさないでしょう。食事や睡眠、適度な運動を行うことも薄毛の悩みを改善する方法の1つです。

効果を実感するまでの期間の目安

薬の使用から効果を感じるまでは個人差があります。それぞれ受けた治療の内容や年齢、症状の進行具合によって異なるとのこと。歳が若いほど効果は高く、年齢を重ねるごとに低くなっていくため、早期発見が大切です。

治療の効果を実感するタイミング

一般的には6ヶ月ほどで変化を感じるようですが、人によって違うと考えておきましょう。また、進行遅延と発毛を同時に行うことで、効率よく治療の効果を実感できるようです。
具体的なデータとして、フィナステリドを使用した試験結果が日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」に記載されています。フィナステリドは厚生労働省の認可を受けたことで有名な「プロペシア」の主成分で、AGA治療で効果が期待されている成分です。

臨床試験から見るAGA治療効果

報告によると、日本人男性414人を対象に48週間の観察機関で試験を実行。1日1mgの服用で58%、0.2mgで54%の改善効果が見られたと報告があります。また、1日1mgの服用を2年続けた場合だと68%、3年続けた場合で78%改善効果が上がっています。以上からも分かる通り、AGA治療において違いを実感するためには、それなりの時間が必要です。目に見えて変化が現れないと不安になり、あきらめたくなることもあるのではないでしょうか。

そんな場合でも、まずは6ヶ月から1年間は続けること。時間はかかりますが、違いを実感するまでは継続し、不安なことはドクターに相談してみるとよいでしょう。

AGA治療薬の効果はどれくらい持続するのか

AGA治療で使用される薬のほとんどは、症状を根本的に治すものではありません。使用している間は、効果に期待がもてるものの、止めてしまえば元の状態に戻るでしょう。

ベストな状態を持続するためには薬を飲み続ける必要があります。よく使用されているプロペシアも、一時的に症状を抑えてくれるもの。違いを実感したからといってすぐに止めてしまえば元の状態に戻ってしまいます。ミノキジルも同様です。薄毛を改善する薬として用いられますが、実際には血流を良くして毛母細胞や毛乳頭を活性化させるものです。使用を止めれば血流が悪くなり、効果は失われます。

基本的にAGA治療は長期戦と考え、続けることが大切です。効果を感じても自分の判断ですぐに止めず、ドクターと相談するのがよいでしょう。

育三(34歳/サラリーマン)

20代から気になりはじめた薄毛。雨に濡れた自分の頭皮に愕然した、32歳の夏。薄毛の大半がAGAという症状が原因と知り、治療法を必死に調べ、見事復活を遂げた僕の手記を皆様にお届けします。

サイトマップ

PAGE TOP