AGA治療専門病院の実力検証サイト

男性型脱毛症(AGA)を改善するための病院選び

AGA治療の実力検証サイト » AGA治療に関するQ&A » オーダーメイド処方とは?

オーダーメイド処方とは?

AGA・薄毛治療の新たな地平を開く「オーダーメイド処方」について詳しく解説します。

AGA・薄毛治療の要となるオーダーメイド処方

AGA治療薬のイメージ画像オーダーメイド処方とは、AGAの症状や薄毛の状態、原因、患者の体質などに合わせ、文字通りオーダーメイドで提供される治療薬のこと。

オーダーメイド治療薬を処方するためには、AGA治療に特化した高い専門知識が必要となります。そのため、一般的な美容クリニックや皮膚科では提供できないところも多く、一部の限られたAGA専門クリニックのみで処方されているのが現状です。

一方で、一般的なAGA治療法として処方されるのが、プロペシアやミノキシジル。これらにも高い発毛効果は認められていますが、あくまで一般的な治療薬であるため、その効果は人によってまちまち。全く効果の出ない方もいれば、副作用が出てしまうといったケースも見られます。

そこで注目されているのが、オーダーメイド処方による治療薬なのです。薄毛の原因にアプローチできる薬を独自に配合するため、その効果は何倍ともいわれます。また、細かな検査のもと処方されるため、副作用の可能性が低いのも特徴のひとつ。

高い発毛効果を持ち合わせた安全な治療薬を患者に合わせて処方する、といった大きなメリットがオーダーメイド処方にはあるのです。

一般治療薬と比べその発毛実績は?

オーダーメイド処方のメリットは、何といってもプロペシアやミノキシジルの単剤処方に比べ、圧倒的に発毛効果が高いという点。オーダーメイド処方の発毛実績は、どのクリニックでも概ね90%以上を維持しているのです。

このように高い発毛効果を見せる背景には、AGA・薄毛の原因の違いや個人差があります。

抜け毛の原因イメージ画像薄毛の原因は、当然ながら1つではありません。男性ホルモン系統の影響から来るAGAは有名ですが、免疫異常から来る円形脱毛症、心因性の脱毛症など、薄毛にはさまざまな原因が伴います。

見た目が同じ「頭頂部の薄毛」でも、原因がAGAでなかった場合にはプロペシアをいくら飲んでも効き目はありません

仮にAGAだったとしても、プロペシアで改善される段階ではない場合や、体質的にプロペシアが合わない人もいます。

こうした「原因の違い」や「個人差」がある以上、同じ治療薬を処方したところで、効果のある人とない人とが出ても無理はありません。

オーダーメイド処方であれば、個人の状態に応じた治療薬が処方されます。そのため発毛率・発毛実績が高いのは、当然と言えば当然なのです。

オーダーメイド処方の成分・費用は?

オーダーメイド治療薬のベースとなる成分は、従来のフィナステリド(プロペシアの主成分)とミノキシジル。そこにビタミン類ミネラル類アミノ酸など、クリニック独自の研究に基づいた成分を、独自比率で配合して作ります。

もちろん、安全性の確認されている成分しか配合しないため、初診時の血液検査等に問題がなければ、強い副作用などの心配はありません。

検査や配合・処方が特別になされるため、既存のプロペシアやミノキシジルに比べ、オーダーメイド処方のほうが費用は高くなります。しかし、生えるかどうかわからないというリスクを抱えて飲み続けるよりも、少しでも可能性の高い方法を選ぶことが効率のいい治療方法だと言えるでしょう。

#