AGA治療専門病院の実力検証サイト

男性型脱毛症(AGA)を改善するための病院選び

AGA治療の実力検証サイト » AGAとは » 自宅で薄毛チェック!

自宅で薄毛チェック!

心配なのが、やはり自分がAGAなのかどうか、ということではないでしょうか?
ここでは、自分が薄毛なのか、抜け毛の状況はどうかなど自宅で簡単にできるチェック方法について紹介していきます。

抜け毛の状況をチェックしよう!

抜け毛があるからと言って、すぐに薄毛だと判断することはできません。正常な成人男子でも1日に50~100本程度は抜け毛があるからです。
抜け毛チェックに最適なのは「洗髪時」です。
誰でも髪の毛を洗う時には髪の毛が抜けやすくなるもの。そのため確認すべきは洗髪中ではなく、洗いあがった後なのです。

洗髪後にタオルで髪を拭いた際、まとまった髪の量がタオルにつく場合や、髪の毛をかき上げた時に手に絡みつくほどの量であれば、薄毛が進行している可能性があります。
またドライヤーで髪を乾かしている時に、短い毛・長い毛問わず抜けてしまうのも危険性大
使用時には抜け毛が目立つよう、下に白いバスタオルなどを敷いてチェックしてみましょう。
10~20本程度抜け毛がある場合は要注意です。

また、抜け毛の毛根を見た時に綿棒状になっていれば心配ありませんが、毛根に丸みがなく毛先と同じ細さになっている場合は、髪の毛に栄養が足りていないシグナルかもしれませんので、細かくチェックしてみましょう。

髪の毛だけでなく生え際やつむじもチェック!

抜け毛のチェックだけでなく、頭皮や髪の状態も確認したうえで改善に取り組みたいもの。頭皮の皮脂が詰まっていると抜け毛だけではなく、かゆみやフケを引き起こす原因になります。
トラブルを引き起こさないためにも、カメラで撮影してみませんか。

一眼レフやマイクロスコープを使うのも良いですが、金額面がちょっと厳しい……と感じる方はコンパクトデジカメや携帯電話のカメラ機能を使って撮影してみましょう。
カメラの画質や性能が上がってきているので、十分綺麗に撮れますよ。

撮影の箇所は「髪の生え際」や「つむじの周辺」です。
細い毛と太い毛がそれぞれ混ざっていると思いますが、その割合が1対9であれば特に問題はないでしょう。
しかし、細い毛の割合が1ではなくもっと多い状態であれば、薄毛の可能性が考えられます。

髪の毛をつくりだす周期(ヘアサイクル)は、時期によって髪の太さも変わります。
通常休止期(髪が抜け落ちる時期)には髪が細くなり、成長期(生えて成長する時期)には太くなるのが特徴ですが、細い毛が多い場合、髪の毛が充分育つ前に抜け落ちている可能性が高いとされます。

薄毛は放っておくと進行していきますから少しでも気になるという場合はAGA専門のクリニックで医院に相談することをおすすめします。

 

#