AGA治療専門病院の実力検証サイト

男性型脱毛症(AGA)を改善するための病院選び

AGA治療の実力検証サイト » AGAとは » 女性のAGAとは

女性のAGAとは

このページでは、女性のAGAについて調べています。

女性にもAGAはある?

女性の薄毛は、妊娠出産後や更年期以降のホルモンバランスの変化により引き起こされるものとされてきました。しかし近年は、男性のAGAに近い症状が見られるようになってきたといいます。

AGAは「男性型脱毛症」を指しますが、それに準ずる女性の薄毛にはFAGA(女性男性型脱毛症)という名称があり、以下の症状があらわれます。

★額の生え際が薄くなる
★頭頂部や全体が薄くなり、地肌が透ける
★髪が細くなり、コシが失われる

考える女発症は女性ホルモンが減少し、閉経が訪れる40代以降に見られることが多く、男性のように20代から進行するケースは稀なのだとか。

しかし症例自体は増加傾向にあり、ストレスや食習慣の乱れ、過剰なダイエットなどによって引き起こされる可能性も指摘されています。また間違った頭皮ケアが症状を促進させることもあるそうなので、注意が必要です。

FAGAの場合、男性のように毛髪のすべてが抜け落ちるような症状を呈すことはありません。また女性ホルモンには皮脂分泌を抑制する機能が備わっているため、短期間のうちに多くの毛が抜け落ちるという可能性も低くなっているそうです。とは言え当事者にとっては、大きな悩みの種になります。

クリニックで行われる治療

近年は女性の薄毛に関する情報も増え、AGA専門クリニックにも、女性用の診療項目を設けているところが増えてきています。

FAGAの治療は男性用と同じく、カウンセリング→医師による治療(問診や血圧測定、採血など)→内服/外用薬の処方という流れになっているようです。

薬も男性と同じく、ミノキシジルなどが処方されますが、足りなくなった女性ホルモンの働きを助ける薬などもプラスされるようです。

もちろん生活習慣の改善も指導されますが、女性の場合冷え性など血行不良の症状が薄毛を促進させてしまう可能性も高いので、より細やかなセルフケアを心がける必要があるかもしれません。

#