もう若ハゲなんて呼ばせないAGA治療専門病院の実力検証サイト

男性型脱毛症(AGA)を改善するための病院選び

AGA治療専門病院の実力検証サイト

東京都内には数多くの
AGAを治療する専門の病院
があります。
このサイトでは5つの病院の
評判を集め、その実力を
比較しました!

どんな風に進行するのか

AGAが発症し、薄毛・抜け毛が進んでいく過程としては、大きく分けて3つの進行パターンがあります。
毛乳頭の細胞内には男性ホルモンを受け入れるレセプター(受容体)があり、同じ人の頭部でもその影響を強く受ける部分とそうでない部分が混在しているんです。
その個人差により薄毛や抜け毛の進行のパターンが変わっていきます。

AGAの進行パターンを自分の状況と比較してみましょう

では早速、薄毛や抜け毛の進行パターンを見ていきましょう。

前頭部の生え際から進行(A型・U型)

額の生え際から後退していくパターンで、A型脱毛と呼ばれますが、側頭部と後頭部には髪が残るためU型といわれています。
特に東洋人がなりやすい進行パターンです。

左右のこめかみから進行(M型)

左右の生え際から徐々に毛が薄くなるのがM型脱毛の特徴です。
額の中央部分の髪は残っているため、初期段階を見極めるのは難しいとされる進行パターン。とりわけ白人に多く見られます。

頭頂部(つむじ)から進行(O型)

頭頂部(つむじあたり)から円を描くように髪が薄くなる状態をO型脱毛と呼びます。
本人からはなかなか見えない位置なので、他人から指摘されて気付くことが多いとされる脱毛パターンです。
日本人は生え際が後退するより先に頭頂部が薄くなるケースがあります。
M型やA型と複合して進行することもあります。

AGAの進行を食い止めるには?

上記のようにAGAが進行していくパターンには3つあることを説明しましたが、そのまま治療をせずに放置しているとパターンに関係なく、最終的に同じ結果を辿ります

どのパターンでも何かしらの前兆があります。
髪や頭皮の状態によっては治療費が高額になる可能性がありますが、AGAの進行を阻止するためにも、治療を受けることが肝心です。

髪にハリがない・薄くなってきた・頭皮がベタつくなど、何か気になることがあれば、まずはAGA専門クリニックに相談してみましょう。

>>AGA治療院ランキングをチェック

育三(34歳/サラリーマン)

20代から気になりはじめた薄毛。雨に濡れた自分の頭皮に愕然した、32歳の夏。薄毛の大半がAGAという症状が原因と知り、治療法を必死に調べ、見事復活を遂げた僕の手記を皆様にお届けします。

サイトマップ