もう若ハゲなんて呼ばせないAGA治療専門病院の実力検証サイト

男性型脱毛症(AGA)を改善するための病院選び

AGA治療専門病院の実力検証サイト

東京都内には数多くの
AGAを治療する専門の病院
があります。
このサイトでは5つの病院の
評判を集め、その実力を
比較しました!

何が原因か

AGAとは、Andorogentic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」と呼ばれる脱毛症の1種です。この脱毛症に男性は悩まされている人もいます。通常の薄毛と異なり、様々な要因が重なって発症してしまうものなので、対策をしっかりすれば進行を遅らせることが出来ます。薄毛となれば、毛根が死んでしまい、その先に全く生えてこないというものですが、AGAはそういうものではありません。そもそもなぜ、AGAというものが発症してしまうのでしょうか?原因があるなら追求して、改善できるものならできるだけ対策していきたいものです。

早速、詳しい原因を調べてみました。思い当たる根源、チェックしてみてください。

AGAが発症するメカニズム

AGAが発症してしまう原因を理解するためには、AGAの発症するメカニズムを理解する必要があります。通常私たちに生えている髪の毛は、産毛として生えた後に成長し、その後抜けるサイクルを繰り返します。このサイクルをさらに詳しく説明すると、3つの段階があります。3つの段階は、成長期、退行期、休止期とよばれます。このサイクルは、一般的に2〜6年かけて行われると言われています。これが繰り返されることで、髪の毛の量が正常に保たれているのです。しかし、AGAの場合はこのサイクルが通常よりも異なります。まず、サイクルに必要な期間が異なります。AGAを発症すると3段階のサイクルをわずか100日前後で終えてしまうのです。通常であれば、成長期に毛の細胞に働きかけ、太く、そして強いしっかりとした髪へと成長させるのですが、それが何らかの要因で阻害され省かれてしまうので、結果的に髪の毛が細く、肌の露出が目立ってしまい、全体的に毛髪が後退してしまう結果につながってしまうのです。これらの現象を軟毛化と呼びますが、これが原因でAGAが進行していることになります。この髪の成長に関する信号を阻害する原因を突き止めなければ、根本的な治療には繋がりません。

1)頭皮環境の悪化

頭皮環境が悪い状態であると、AGAを発症してしまう可能性があります。生活習慣の見直しも大切ですが、頭皮環境についても少し考えて見ることも大切です。例えば、髪へダメージを与えるような髪の洗い方や、ケアを怠っている人がいるかもしれません。また、シャンプーは頭皮によって合う、合わないがはっきりとしています。合わないシャンプーを使い続けていると結果的に頭皮にダメージを与えていることにつながるので、見直す必要があるでしょう。頭皮環境の状態は、自分でチェックするのが難しいかもしれません。そのような人は、理髪店や美容院で意見を聞くのも良いかもしれません。もちろん、専門のクリニックでカウンセリングを受けるのも良いでしょう。

2)男性ホルモン

AGAの原因の代表的なものが男性ホルモンです。「あれ?男性ホルモンは体毛を増やすから、毛髪も増やしてくれるのでは?」と思った方も多いはず。しかし、5αリダクターゼという酵素と、男性ホルモンの1つである「テストステロン」が結びつくと、脱毛を促進する作用のDHT(ジヒドロテストステロン)に変化するというコワイ現象が起きてしまいます。先ほど説明したサイクルを阻害するのが、悪さをする男性ホルモンです。ジヒドロテストステロンが体内にあると、確実に負のサイクルを生み出す原因を作ります。このホルモンさえ抑えることでAGAの根本的な原因を解消させることが出来ますが、これを生み出しやすい体質かどうか。ということも大きく影響します。遺伝的にジヒドロテストステロンを生み出しやすい体質になっている人は実際にいるのです。DHTが増えると発毛を促す細胞の細胞分裂が止まってしまい、新しい髪を作る作業(ヘアサイクル)が上手く機能しません。それを表すデータとして、脱毛の影響があった毛根周辺にはDHTが高濃度に見られることが分かりました。

したがって、近年の研究ではこのDHTの血中濃度が高いと、その分AGAが進行することが明らかになっています。5αリダクターゼがAGAの原因となるホルモンを生成してしまいますが、これはどのようにすれば防ぐことができるのでしょうか。実は、この5αリダクーゼは人間がそもそも持っているものなので、根本的に無くすことは出来ません。また、人によっては全くもっていない人もいます。また、リダクターゼの中でもAGAの原因とは無縁なものまであります。そのため、これが絶対的な原因ではありません。人によっては。この男性ホルモンによってAGAが進行している場合があります。その時は、体内に含まれている様々な成分を抑えることで、AGAの進行を止めることが可能です。これが、1つ目の原因と言えます。

3)両親などからの遺伝

よく「遺伝的にはげる」ということを聞いたことがあると思いますが、AGAの原因を大きく占めるものは両親などからの遺伝です。なんと、約8割が遺伝の影響だと言われているほど。特に若年性脱毛症の場合は、その要素が深く関係していると言われています。

5αリダクターゼの分泌量は人によって変わりますが、父親もしくは母親が薄毛傾向にあるホルモンを持っていると、体質が子供や孫に受け継がれることがあります。しかし、あくまで「AGAになりやすい体質」なので、必ず薄毛になるとは限りません。AGAの原因になっているジヒドロテストステロンが多い体質の場合、AGAを発症しやすい可能性があります。しかし、あくまで可能性があるということで、必ず発症するということではないことだけは覚えておきましょう。しっかり対策をすれば、発症を阻止することが出来るためです。両親にハゲの人がいるから、必ずAGAになるということではありません。AGAは様々な要因が重なって発生することが多いので、遺伝的な判断は時期尚早であると考えてください。

4)生活習慣
(食生活・飲酒・タバコ)やストレス

AGAは遺伝的な問題や男性のホルモンの影響で発症してしまうことがありますが、AGAの原因として、日々の生活習慣やストレスも影響していると言われています。それでは、どのような生活がAGAに原因になっているのでしょうか。ここで、悪い習慣について、いくつか紹介しましょう。

肉中心の生活・野菜不足などの栄養バランスが偏った食事が続くと、頭皮から過剰に皮脂が出たり、血液の流れが滞ってしまい、髪に十分な栄養を届けることが出来なくなります。しまいには髪の毛自体が細くなり、抜けてしまうことも。

同じくお酒やタバコも、髪の栄養不足を招く要因なので、なるべく控えましょう。

ストレスは仕事による疲れや休息が不十分な時に溜まりやすくなります。ストレスが溜まるとなぜ、AGAになってしまうのでしょうか。実は、髪に大切なのは十分な栄養を行き届かせることなのです。十分な栄養が行かなければ髪は細くなってしまい、結果として髪が薄くなってしまう原因になります。ストレスは、髪だけではなくあなたの体に悪い影響を及ぼします。つまり、ストレスの負荷がかかったままだと筋肉は収縮し、毛細血管が圧迫されて、血液循環が悪くなる一方。髪を育てる細胞の働きを低下させるだけでなく、体調にも大きく影響してきますので、自分に適したストレス解消法を見つけましょう。特にこんな生活をしている人は要注意です。仕事で遅く帰宅し、ジャンクフードを食べそのまま4時間程度の睡眠しかできない。この生活は、根本的に改善する必要があります。全てを整えることは難しいかもしれませんが、出来る限り対策を行い、AGAの原因を引きおこしてしまいそうなものを断つ必要があります。遺伝に関しては体質的なものなので、変えていくことは難しいですが、生活習慣やストレスなどについては自分で改善する方法はありますので注意したいものです。

まとめ

AGAの原因は、様々ですが、治らない病気ではありません。長期間かけて治療すれば進行を食い止めることが可能で、元の量まで戻すことが出来ます。AGAになってしまっても焦ることではないので、原因を突き止めて進行を食い止めるために気をつけて生活を送ることが大切です。

参考URL

育三(34歳/サラリーマン)

20代から気になりはじめた薄毛。雨に濡れた自分の頭皮に愕然した、32歳の夏。薄毛の大半がAGAという症状が原因と知り、治療法を必死に調べ、見事復活を遂げた僕の手記を皆様にお届けします。

サイトマップ

 

PAGE TOP