AGA治療専門病院の実力検証サイト

男性型脱毛症(AGA)を改善するための病院選び

若ハゲの原因は自分自身にあった!

20代~30代にかけて頭皮が薄くなるメカニズムや、若ハゲとAGAの共通点についてまとめています。

男性ホルモンが原因!?若ハゲとAGAの共通点とは

若ハゲといっても明確な定義があるわけではなく、早ければ10代から薄毛になる人もいます。一般的には20~30代で抜け毛が増えて薄毛が目立つようになるケースを若ハゲと呼ぶようです。

その一番の原因といわれているのが、テストステロンという男性ホルモン。一般的にテストステロンは20歳前後で分泌量が増えます。ヒゲや胸毛が濃くなり、大人の男の風貌に変わっていくのはこのためです。

一般的に体毛が濃くてハゲている人は精力が強いといわれますが、これは男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が多いことに関係があります。テストステロンは体毛などを濃くする一方で、前頭部や頭頂部などの髪を薄くするからです。

テストステロンが若ハゲに繋がる理由は、毛根で5αリダクターゼという酵素と結びつくことでジヒドロテストステロンに変わり、これが毛母細胞の働きを低下させて髪の成長期を縮めてしまうから。髪は健康な状態でも成長期→休止期→退行期という毛周期サイクルによって生え替わっていきますが、ジヒドロテストステロンの影響で成長期が短くなると、生え替わる前にどんどん髪が抜けてしまうわけです。

若ハゲは若年性脱毛症とも呼ばれますが、こうした薄毛のメカニズムは男性型脱毛症のAGAと同じで、若ハゲの原因の多くはAGAによるものです。薄毛は遺伝だからしかたないと諦めたりせず、専門クリニックで適切な治療を受ければ薄毛の改善が期待できるでしょう。

AGA以外にもある若ハゲの原因

円形脱毛症

円形脱毛症の場合、AGAとは原因が異なります。多くはストレスが原因とされていますが、自己免疫疾患や内分泌障害なども一因といわれています。専門クリニックに相談して原因を把握し、治療を受けるのがいいでしょう。

髪や頭皮にダメージを与えていないか

ヘアカラーやパーマ液は、髪や地肌に悪影響を及ぼすことがあります。朝晩のシャンプーで欠かさずヘアケアすることも大切ですが、シャンプーでのケアがが必ずしも正解というわけではありません。強い洗浄成分が含まれているシャンプーを使うと必要な油分がなくなってしまい、かえって頭皮環境を悪化させることもあるので気をつけましょう。

生活習慣が乱れていないか

睡眠不足は髪の成長を妨げる原因のひとつです。また偏食や過度な飲酒も頭皮に悪影響を及ぼします。現代のビジネスマンだと不規則な生活や乱れた食生活を正すのは簡単ではないかもしれませんが、こうした生活習慣の乱れも薄毛の要因になるので注意したいところです。

#