もう若ハゲなんて呼ばせないAGA治療専門病院の実力検証サイト

AGA治療専門病院の実力検証サイト

男性型脱毛症(AGA)を改善するための病院選び

HOME

若ハゲとはもう呼ばせない
本当に発毛効果があるAGA治療方法は何か

AGAを100%改善に導く治療方法が確立されていない昨今でも、実に100%近い発毛実感率・治療効果が存在することをご存知でしょうか?AGA治療にかかる費用は、決して安いわけではありません。治療費を支払う以上は、確実に効果を得られる方法を選びたい。これは、治療にのぞむ誰しもに共通する思いではないでしょうか。確かな発毛効果を持つAGA治療方法をチェックし、今後の頭皮とあなたの人生ため、ぜひ活用してください。

発毛効果が高いと注目を集める3つのAGA治療法

4ヵ月目の発毛実感率99%【ヘアジニアス】

ヘアジニアスは一般的なAGA治療と違い、脱毛の進行を抑制するのではなく、発毛を目的とした治療方法です。
患者ひとり一人の症状に合わせたオーダーメイド処方が特徴。毛髪や頭皮の状態、血液検査などをきちんと行った上で、フィナステリド・ミノキシジル・アミノ酸・ビタミン・ミネラル・各種成長因子をバランスよく配合し、専用ローラーや注射で頭皮に注入する治療です。発毛の実感としては、最初の1ヶ月程度で毛髪にコシが生まれ、3ヶ月経つと78%が効果を実感。さらに4~6ヶ月になると効果の実感は99%に達するという結果が出ています。

【ヘアジニアス治療を行うクリニック情報】
表参道スキンクリニック公式サイト画像
  • 病院名
    表参道スキンクリニック
  • 所在地
    東京都渋谷区神宮前5-9-13
    喜多重ビル4階
  • 診療時間
    11:00~20:00(日・祝10:30~18:00)
  • 休診日
    水曜日
  • 公式ホームページ
    http://hairsite.jp/

4ヵ月目の発毛実感率98%【毛髪再生メソセラピー】

毛髪再生メソセラピーは発毛促進に役立つ細胞増殖因子や治療薬などを、特殊な注射器によって頭皮に入れる治療法です。毛乳頭や毛包の活性化により、毛根を成長させる効果があります。
メソセラピーの発毛実感はクリニック及び個人差はありますが、1年以内に効果を実感した方が1万件以上いるクリニックもあるのだとか。一般的なAGA治療だと2~6年かかるため、短期間での実績が期待できます。
頭皮の緊張状態を緩和し、薄毛治療効果が証明されているボトックス注射を併用する場合も。さらに抜け毛によって頭皮が薄くなっている状態なら、再生脂肪注入によって血流を改善する効果が期待できます。

【AGAメソセラピー治療を行うクリニック情報】
ルネッサンスクリニック公式サイト画像
  • クリニック名
    ルネッサンスクリニック
  • 所在地
    東京都渋谷区代々木2-2-13
    新宿TRビル4階
  • 診療時間
    10:00~19:00
  • 休診日
    年中無休
  • 公式ホームページ
    http://www.rs-clinic.com/

4ヵ月目の発毛実感率94.4%【HARG療法】

HARGとは「Hair Re-generative Therapy」の略称で、日本語では毛髪再生療法と訳されます。幹細胞から複数の成長因子を抽出し、頭皮に直接注入するというもの。幹細胞はいわゆる万能細胞と呼ばれるもので、再生医療において注目されています。
施術は3~4週間ごとに行われ、あるクリニックの発毛実感調査では4回目で利用者の94.4%が満足しているという結果もあり、3~4ヶ月程度で効果が確認できるようです。
治療は患者の状態などをきちんと調べた上で、注入するためのHARGカクテルを適切なバランスで配合。使用する方法や痛みの少ない炭酸ガス噴射の圧力で注入浸透させる方法があります。

【HARG療法を行うクリニック情報】
Harg治療センター公式サイト画像
  • クリニック名
    Harg治療センター
  • 所在地
    東京都新宿区西新宿1-4-10
    満来ビル4F
  • 診療時間
    10:30 ~ 19:00(金・土・日は~19:30)
  • 休診日
    不定休
  • 公式ホームページ
    http://www.harg.org/

効果を検証!様々なAGA治療

低出力レーザー治療

AGA治療における低出力レーザー治療は10年ほど前から行われている施術で、主にダイオードレーザーが使われています。レーザーといえば美容脱毛で使われているイメージがあると思いますが、エステなどの失敗例で弱く照射してしまったために毛が濃くなったというケースがあり、逆にいえば使い方次第で薄毛治療にも有効というわけです。

AGAの低出力レーザー治療について詳しく見る≫≫

発毛・育毛点滴

発毛・育毛点滴は文字通り点滴によって体内から発毛を促進しようというもの。薬用成分というよりは、皮膚や血流によい効果をもたらすビタミン類などを配合したものが使われます。クリニックによっては発毛・美髪点滴と称されるケースもあり、いずれにしても髪を健康にするための栄養成分を点滴によって補おうという施術です。

AGAの発毛・育毛点滴について詳しく見る≫≫

ガス治療

抜け毛や薄毛の原因である頭皮の血流を改善するため頭皮に直接ガスを注入して、酸素や栄養成分を届きやすくするのがガス治療。注入するガス自体はすぐに抜けますし、薬を使わないので副作用の心配がないのが大きなメリットです。ガス注入には極細針を使うので、施術の痛みはそれほど心配ありません。

AGAのガス治療について詳しく見る≫≫

育毛剤・育毛シャンプー

育毛剤でも育毛シャンプーでも医薬部外品の場合、有効成分は含まれるものの、効果が比較的弱めで、その分用法用量などの規定がないわけです。そして、育毛シャンプーでも単なる化粧品扱いの商品もあるので、商品選びはスペックをきちんとチェックする必要があります。

AGAケアの育毛剤・育毛シャンプーについて詳しく見る≫≫

マッサージ

発毛・育毛につながる頭皮マッサージとは、頭皮の血行をよくすることで新陳代謝を促して、栄養や酸素などが届きやすくするというもの。また、血行がよくなれば古くなった角質がとれやすくなり、毛穴のつまり防止にもなるというわけです。肌トラブルなども髪と頭皮に悪影響を及ぼしますが、頭皮を柔軟で健やかに状態に保つことができれば、こうしたトラブルも抑えることができるでしょう。

AGAケアのマッサージについて詳しく見る≫≫

効果は如何ほど?病院で処方されるAGA治療薬

AGA治療の中核となるのが、病院での処方薬。現在、代表的なものは以下の3種類です。

ミノキシジル ミノキシジルとはもともとアメリカの製薬会社が血管拡張剤として開発した成分。毛包に働きかけて細胞を増やしたりタンパク質の合成をサポートしたりすることによって発毛に役立つということが認められています。大正製薬の公式サイトには、リアップX5の被験者中90%以上が半年前後で改善したとの臨床データが掲載されています。
フィナステリド錠
(プロペシア・ファイザー)
健康な髪は成長期→退行期→休止期といった毛周期が正しいサイクルで回るのですが、AGAの場合は成長期が短縮され休止期の状態が続きます。この原因となるのが「ジヒドロテストステロン」。これを抑制することにより成長期を回復させることが可能な治療薬です。成人男性のみに処方される薬で、専門クリニックで診断を受けた上での処方が必要です。
ザガーロ AGAの原因となる「ジヒドロテストステロン」を抑制することによって髪の成長期を健康な状態に戻す働きを取り戻す治療薬。プロペシアと働きが似ていますが、こちらは日本で厚生労働省に認可されたのは2015年9月と比較的新しいAGA治療薬です。プロペシアとの違いは阻害できる酵素に差があること。プロペシアがII型5αリダクターゼだけなのに対して、ザガーロはI型とII型両方の5αリダクターゼを阻害できるという点が大きな特徴です。

処方薬については、どのクリニックでも同様のものを取り扱っています。そのため、注目すべき点は「価格」と「最新のザガーロを扱っているか」です。有効な治療を長期的に続けるため、クリニック訪問前に確認をするようにしてください。

AGA治療の処方薬の種類について詳しく見る≫≫

#